ゴルフ上々通信PDF【2013年7月分(13-07)版】


110すら切れなかったゴルフ歴16年46歳のサラリーマンゴルファーが、『ある練習』をした後、いきなり「94」というスコアをマーク!!

さらに

その練習で【たった1つのポイント】を意識しただけで、90台が連発して出せるように・・・

その『ある練習』と【たった1つのポイント】とは?



「ゴルフが上手くなりたい!」
「ナイスショットをバシバシ打てるようになりたい!」

きっとあなたはそう思っている事でしょう。
しかし、

・どんな練習をしてもスライスが治らない・・・

・練習では上手く打てても、コースだと全然ダメ・・・

・ここ1番のアプローチでザックリをやってしまう・・・

・いくら振っても飛距離がまったく出ない・・・

・目標は100切りだけど、110すら切れない・・・

・そもそもどこをどう直せばいいのかわからない・・・

という事になっていませんか?

「練習しているのに、ゴルフが上達しない!」

もし、あなたがそんなゴルフになっているなら、練習の仕方が
間違っているのかもしれません。

では、どうすればゴルフは上手くなるの?




はじめまして、山下裕司と申します。
あなたがゴルフの上達に興味を持っているなら、メルマガやその他の様々な
サービスで、私の事を知っているかもしれませんね。

山下裕司(ヤマシタ ヒロシ)


ヤマシタ ヒロシ

はじめまして、当サイトを運営しております
山下裕司と申します。

約6年前より、100を切るゴルフアドバイザーとして、
ネットを使い多くの方を指導しております。

大学時代に、体育会系ゴルフ部に所属し、プロのキャディーを何度も
務め、また練習場などで一般の方への指導も行っておりました。

その経験をもとに、メルマガを中心に幅広くゴルフの指導、及び、
ゴルフの情報を発信を行っております。


【現在の活動】


 ■「100を切るゴルフ講座!超簡単なゴルフ上達法」(殿堂入り)
  無料メールマガジン(まぐまぐで読者数1万人以上)

メールマガジン「まぐまぐ」


 ■「100切るゴルフスクール」
 一般には非公開のゴルフメールスクール(参加者1万4000人を指導)

ゴルフメールスクール


 ■「楽ゴルフ」
 ゴルフ情報メールマガジン(読者数 2万8000人超)

ゴルフ情報メルマガ「楽ゴルフ」



合計5万人以上の方に、今、現在も毎週ゴルフの情報をお届けしています。
(上記以外にも複数メールマガジンを発行しております)



ゴルフの上達に大切な事は?

「ゴルフの上達で、最も大切な事は何だと思いますか?」

誰でもわかる事かもしれませんが、
答えは簡単・・・「練習」です。

実は、練習しない人も多いので、もしあなたが定期的に練習場に通っているようなら、
すぐにでも上達できる可能性が非常に高いです。

しかし、気をつけなければいけないのが、練習しても上達しないという事もよくあるのが、
ゴルフなのです。

ゴルフのスイングを勉強し、練習場に行ってたくさんのボールを一生懸命打つ。
でもまったく上手く打てず、ミスショットばかりで、そのうちゴルフがイヤになり、
ゴルフから遠ざかる人も、実は多いのです。

練習してるのに、上達しない!?

練習してるのに、ゴルフが全然上達しない!という人が、たくさんいます。
もしかしたら、あなたも今、そういう状況で悩んでいるかもしれませんね。


実は、練習しているけど上達しない人というのは、
ナイスショットだけを目指している場合が、非常に多いです。


確かに、最終的な目標は「ナイスショットを打つ事」なんですが、

最初からナイスショットばかりを目指していたのでは、ゴルフは上達しなくなるのです。


例えば、
スイング中に、右ヒザが流れ、頭も大きく動いてしまっている。
でも、なんとかそれをスイング中に手や腕の力で矯正し、ナイスショットを打った、とします。


スイング自体は、ダメだったとしても、ショットだけを見ていると、
これはOKなショットになってしまうわけです。
(上の例は、ちょっと大げさですが・・・)


ナイスショットばかりを目指していると、このようにダメなスイングの時も、
良いと勘違いしてしまう場合もあるのです。


ゴルフが上達する為に必要な事

ゴルフは練習すればちゃんと上達するスポーツです。
でも、練習すればちゃんと上達する為には何が必要だと
思いますか?


それは・・・


  「目先のナイスショットを打つ事ではなく、
   常にナイススイングで振れるようになる事!」


なのです。


目先のナイスショットは、小手先でスイングを矯正する事も多く手打ちになりやすい。
手打ちになってしまうと、いくら練習しても、手でボールに合わせるようになってしまうので、
いつまでも本当の実力は身に付かないのです。


反対に、多少ミスをしたとしても、ナイススイングを常に目指していると、
手で合わせる事がなくなってくるので、スイングがどんどん良くなっていくのです。


そして、常にナイススイングを目指して練習すると、
練習した分、スイングが身に付き、上手くなるという流れが簡単に出来上がるのです。


スイングを良くするポイントは何か?

これまで話してきたように、
ゴルフの上達を早く実現するには、練習から常にナイススイングを意識し、
スイングを作っていく事が大切です。


しかし、ナイススイングを作ると言っても、
トップの位置や、ワキの締め方、テークバックの仕方など
表面的なスイングの形ばかりを練習しても、スイングは良くなりません。


スイングの形ばかりの練習は、一生懸命練習しても手でスイングを細工してしまう事が増え、
手打ちのスイングになってしまうのです。


練習する時は、スイングの表面的な形を意識するのではなく、

『スイングを良くするポイントは何か?』
という事を意識する事が大切なのです。


普段の練習から、この【スイングを良くするポイント】を意識する事で、
ただの練習になるか、効果的でナイススイングを作る練習になるかが変わってくるのです。


私は、この【スイングを良くするポイント】を、
【上達のポイント】と呼んでいます。


実は、私がメルマガや、その他メールなどで指導する時には、常にこの【上達のポイント】
意識するようにお話をするので、多くの人が、簡単にスイングが良くなり、
面白いようにゴルフが上達していく
のです。


メルマガから生まれた【上達のポイント】

【上達のポイント】と言うと、難しく聞こえるかもしれませんが、
本当に簡単なものばかりです。

何故簡単かと言うと、
簡単な事を、ちゃんとできるようになる事で、ゴルフは驚くくらい上達するのです。
だから簡単なのです。

でも、「簡単!」と聞くと、本当に効果があるのか?って思うかもしれませんが、
難しい事をやらないとゴルフが上達しないわけではありません。
もっと言うなら、難しい事をやろうとするから、できずに上達にはつながらないのです。


よくスイングの一瞬の動きを無理に治そうとする人もいますが、
そんな難しい事をやろうとしてもスイングは良くならないです。


スイングを矯正するには、本当に簡単な事じゃないと、
結局小手先の矯正になってしまうのです。
だから私が教える【上達のポイント】も、とても簡単なのです。


例えば「余計な力を入れない」というのは、スイングにおいてとても大事なポイントですが、
難しく考えない方がいい。
実際に力を入れないで振ればいいだけです。


最初は違和感があるでしょうし、上手く振れないかもしれない。
でも難しく考えないで力を入れずに振っていると、意外と楽にスムーズに振れるようになってくるのです。
大胆にというか適当にというか、思い切り力を抜いてビュンビュン振ってみればいいのです。
そうすれば力を抜く感覚という事がわかってくるのです。


反対に、アドレスではこれくらい力を抜いて、テークバックではここの力を抜いて、
トップでは・・・切り返しでは・・・などと難しく考えてしまうと、
「できない!」「出来ない!」と悩んでしまう事になり、
いつまでも力を抜く事ができず、スイングも悪いままなのです。


タイミングや難しい腕の形や、無理な動き、ではなく、練習すれば、
すぐに慣れて出来るようになってくるのが【上達のポイント】なのです。


だからこそ、普段の練習からちょっと意識するだけで、
スイングはどんどん良くなっていくのです。


このゴルフが上達する【上達のポイント】は、私のこれまでの経験で培われたものです。
実は、今回初めて公開するわけではありません。
私が発行していますメールマガジンで、いろいろと公開し、精度を上げていったものなのです。


私は、先にもお話しましたが、6年以上ゴルフのメールマガジン(メルマガ)を発行しています。
メルマガは、代表的なものだけで3誌あり、トータルすると5~6万人くらいの
読者の方がおられます。


その読者の方々に対して、【上達のポイント】をいろいろお話しさせて頂き、
そして、その中から抜群に成果の出たもの、また反対に出にくいもの、
さらに伝える時の表現を変える事で効果が見違えるほど上がったものなど、
多数あるのです。


メールマガジン、つまり文章で全てをお伝えするので、
表現1つで練習の取り組みが変わり、成果が出たり、出なかったりするのです。


その【上達のポイント】をメルマガで公開し、そして読者の方々よりたくさん意見や感想を頂く事で、
この【上達のポイント】の精度が格段に高くなったのです。


そして、以前より読者の方から、
「有料でもいいのでもっともっとゴルフが上達できる情報を提供してほしい!」
という依頼が多数あり、それを受け、この度【上達のポイント】を公開する事になったのです。


ゴルフが【上達するポイント】をお届けします

今現在、上達のポイントは、有料のメールマガジン「ゴルフ上々通信」で、
毎週詳しく解説しています。


この有料メルマガ「ゴルフ上々通信」では、週に1回程度、1通につき2~3個の
「上達のポイント」を解説しています。
そして、そのメールマガジン「ゴルフ上々通信」で解説した上達のポイントを
まとめてわかりやすくしたものを、この度提供できる事となりました。


実は、有料メルマガ「ゴルフ上々通信」は、カード決済しかない為、銀行振込みを希望される方や、
興味のある内容の時があれば、その度に手に入れたいという声もあり、
今回のサービスは、そのような声に応えた形で提供するものとなります。


今回解説するのは・・・

今回、提供するのは、有料メールマガジン「ゴルフ上々通信」の【7月分】の内容を、
PDFファイルにしたもので、内容は以下のようになっております。



特典 ゴルフ上々通信PDF Ver13-07(7月分)
(PDF形式 全63ページ)


■ポイント1 『傾斜 左足下がりショットのポイント』

 コースと練習場では大きな違いがあります。それが傾斜。
練習場は平らですが、コースだと平らなところの方が少ないくらいです。
その傾斜での打ち方には、1つの基本的なポイントがあります。
そのポイントを解説します。
左足下がりの難しい傾斜でも、そのポイントをおさえておけば、ナイスショットを打てる確率が上がります。
どんな傾斜でも対応できる、傾斜からナイスショットを打つポイントを解説します。


■ポイント2 『締まったスイングを作るヒザの向きのポイント』

 アドレス時のヒザの向きを意識した事がありますか?
 実は、このヒザを少し意識するだけで、締りのあるキレのいい
 スイングに変わるのです。
 内股がいい?外側を向くのがいい?正面がいい?
 ヒザの向きは人によって正解が違います。
 それを詳しく解説します。


■ポイント3 『間違った体重移動をしない為のポイント』

 体重移動は、スイングにおいて大切なポイントです。
 しかし、多くの人は、この体重移動が正しくできていません。
 大きく動きすぎていて、難しくしてしまっているのです。
 もっとシンプルで、もっと簡単で、もっと身に付けやすい
 体重移動の感覚と練習方法を解説します。
 シンプルで簡単な体重移動を身に付け、いつでも安定した
 スイングをして下さいね。


■ポイント4 『体が自然に反応するアプローチのポイント』

 アプローチでは、微妙な距離感や球筋を打ち分けたいところです。
 しかし、練習ではコースと同じ場面から練習する事ができず
 いくら練習してもコースでは同じようには打てないという事にも
 なってしまいます。
 それをあるポイントを意識すると、特にスイングを変えなくても
 微妙な距離感や球筋を打ち分ける事ができるのです。
 コースでも練習でも簡単に使えるそのポイントを解説します。
 これを意識して練習で、狙い通りのアプローチショットを
 打てるようになりましょう。


■ポイント5 『スイング軌道を簡単に安定させるポイント』

 スイング軌道が安定してくれば自然とミスショットも減ります。
 しかし、この軌道を無理に作ろうとすると思うようにできず、
 手打ちスイングになってしまいます。
 しかし、あるポイントを意識すると驚くくらい簡単に
 スイング軌道が安定するのです。
 もちろん練習は多少必要ですが、感覚がつかめれば
 本当にちょっとした事を意識するだけで、スイング軌道が安定
 するのです。
 いち早くそのポイントを練習し、安定したスイングを身に付けましょうね


■ポイント6 『転がしアプローチのミスを激減させるポイント』

 グリーン周りでのアプローチを打つ時、まず初めに転がしのアプローチが
 打てるかどうかを考えた方がいい。何故か?それは転がしが一番簡単
 に寄るからです。
 しかし、この簡単な転がしのアプローチ、意外とザックリをやって
 しまったり、それを怖がってトップしたりするものです。
 しかし、このポイントをおさておくと、フェースの抜けが抜群に良くなり
 正しくボールをヒットする事が容易にできるのです。
 ザックリやトップを改善でき、ミスを減らす事ができるポイントで、
 スコアメイクにつなげましょう。


■ポイント7 『スムーズなスイングを実現する肩のポイント』

 スイングで大事なポイントにスムーズというのがあります。
 なめらかにスイングできているか?という事ですね。
 余計な力が入ったり、余計な動きが多いとなめらかにスイングできません。
 そのなめらかなでスムーズなスイングを簡単に実現できる
 ポイントがあります。それが肩のポイントなのです。
 肩をどういう意識を持ってスイングすればスムーズなスイングに
 なるのかを解説します。練習方法を解説するので、スムーズなスイングを
 手に入れて下さいね。。


■ポイント8 『アプローチを格段に上達させるポイント』

 グリーンの近くまできた、後は短いアプローチ。
 しっかり寄せてスコアをまとめたいところです。
 しかし、距離をコントロールしようとすると、ミスが出てしまう。
 また、距離もいつも同じようには打てず、結果グリーンに乗るのが
 精一杯。こんなグリーン周りになっていませんか?
 距離感が狂うのは、振りの大きさではありません。
 インパクトの強さです。これを変えずにまた手で無理に調整しようと
 しなければ、ぐっと寄るようになるのです。
 格段に短いアプローチが良くなるポイントを解説するので
 是非読んで練習してみましょう。



読者さんより、ご好評頂いた内容ばかりを詰め込みましたので、
あなたのゴルフの上達に欠かせないものとなると思います。


特別特典をご用意しました!

本来、この「ゴルフ上々通信PDF」には、特典は一切付けない予定でした。
しかし、今回は1つだけ特別なものを特典としてお付けします。


パットの距離感についてのレポートです。
パットの悩みについては、以前よりたくさんの問合せがありました。
「せっかくグリーンに乗っても3パット、4パットじゃスコアにならない」とか
「いつも3パットになる」「どう打っても2打じゃ入らない」などなど
今までにも多数の問合せをもらっています。


そこで、今回これを解決できる特典をご用意致しました。


まず、3パットを打たない為には、
あなたが本来持っている距離感という感覚を養わなければいけません。
この感覚を養うと、どんなグリーンでも、どんな場面でも大体寄るようになってくるのです。


「自分には、そんな距離感なんてないよ!」と思うかもしれませんが、
例えば、丸めたゴミを、3m先のゴミ箱に投げ入れてみて下さい。
チラシでもメモ帳などでもいいので小さく丸めて、それを3mくらい離れたところから
ゴミ箱に向かって投げてみて下さい。


実際にやってみました?
やるとわかるのですが、入る場合もありますが、入らない場合もあります。


入らなかった場合でも、ゴミ箱の近くまで投げる事が出来たと思います。
これが、あなたが持っている距離感です。
大体は惜しい感じに投げられたと思います。
この距離感をゴルフのパッティングでも使えるようにします。


その練習方法を今回の特別特典として、提供致します。


パットの距離感が合わないという場合は、必ず手に入れ、あなたの持っている距離感を
ゴルフで使えるようにして下さいね。
簡単な練習で、簡単に距離感が合うようになってきますからね。
是非どうぞ!


  特別特典

『3パットが激減する距離感習得法!』

【 PDF形式 全21ページ 】


いち早く手に入れ、ゴルフの上達にお役立て下さい。


お申込み

今回お届けするマニュアルは【上達のポイント】を解説する
『ゴルフ上々通信PDF』13-07版(2013年7月分)です。



ゴルフ上々通信PDF版申込み

ゴルフ上々通信PDF13-07版



ゴルフ上々通信PDF ダウンロード版

ゴルフ上々通信PDF 申込みボタン

ゴルフ上々通信PDF 説明





ゴルフ上々通信PDF 印刷版

※印刷版は、印刷用に再編集をしていますので、
ダウンロード版とは、ページ数が異なります。ご了承ください!


ゴルフ上々通信PDF印刷版 申込みボタン

ゴルフ上々通信PDF印刷版写真

ゴルフ上々通信PDF 説明






あなたがゴルフの上達を手に入れる流れは・・・

まずは、『ゴルフ上々通信PDF』をお申込み下さい。
そして、『ゴルフ上々通信PDF』を受け取って下さい。


『ゴルフ上々通信』を受け取ったら、しっかり読みます。
なるべく簡単に解説しましたので、たぶん1度読めばわかると思いますが、
もしわからない場合は、何度も読み直し【上達のポイント】をしっかり頭に入れて下さい。


『ゴルフ上々通信PDF』では、練習方法も解説します。
室内ですぐにできるような練習であれば、なるべくすぐに取り組みます。
また、練習場で行う練習の場合は、週末など時間が取れる時に練習場でトライして下さい。


あまり深く重く考えないようにしましょう。それが大事です。

【上達のポイント】は、楽にできるものがほとんどなので、
気軽にチャレンジしましょう。




Q&A

 PDFとは何ですか?どうやって見るのですか?


 PDFというファイルの形式で、パソコンでご覧いただけます。

 ダウンロードとはどういう事ですか?


 ネット上にある私が作ったファイルをパソコンに取り込んで頂きます。
  その事をダウンロードと言います。
  そしてダウンロードしたファイルをクリックすればパソコンでご覧いただけます。
  詳しく解説しているページもご用意していますので、ご安心下さい。

 100が切れるようになりますか?


 スコアは、はっきり言ってわかりません。
  多くの場合【上達のポイント】をしっかり意識して
  練習を重ねていくと、スイングが良くなり、
  ショットが驚くくらい良くなります。
  そうすると自然と100切りにつながってきます。

  ただ「100は切れます!」とは断言できません。
  練習量にもよりますので。

  練習しだいで100を切れるようにもなりますし、
  中には、80台、70台でラウンドできるように
  なった人も多くいます。

 私は女性ですが、力があまりないのですが
  それでも大丈夫でしょうか?


 力のない方の方が、より効果がでます。
  何故なら、力があると無理にスイングを作ってしまうので
  手打ちになります。
  力ではなく、無理なくスイングする事が上達につながります。

 ダフリやトップがひどいのですが、矯正できますか?


 もちろん矯正できます。
  というか【上達のポイント】を学び、シンプルなスイングに
  なるように練習しましょう。
  スイングが良くなってくると、無駄な動きが減ってくるので
  自然とダフリやトップは減ってきますからね。


さいごに

練習場に行き周りの人の練習を見ていると、本当に目先のナイスショットばかりを
気にしている人が多いです。


まぐれ当たりのナイスショットは、その時はうれしいけど、
そもそも上達したわけではありません。


普段から、スイングを良くする為の練習をするのです。
練習が間違っていなければ、徐々にいい当たりが増えナイスショットが増えるのです。


そうなるともしミスショットを打ってしまっても
小手先の修正をする事はありません。
目指しているスイングに近付けるだけですからね。


【上達のポイント】を意識する事で、スイングは良くなります。
つまり、しっかり実力が付き、自然とナイスショットが増えスコアが良くなってくるのです。


しっかりしたスイングを身に付け、ナイスショットを数多く打てるようになり、
あなたも楽しいゴルフをしませんか?


いくら練習しても上達しない、つらいゴルフは卒業して下さい。


練習場ではできたのに、コースではできない、そんなゴルフは卒業して下さい。


ゴルフは、ちゃんと練習すればちゃんと上達するスポーツです。
楽しいゴルフをしましょうね。


あなたのゴルフを応援します。






お申込み

今回お届けするマニュアルは【上達のポイント】を解説する
『ゴルフ上々通信PDF』13-07版(2013年7月分)です。



ゴルフ上々通信PDF版申込み

ゴルフ上々通信PDF13-07版



ゴルフ上々通信PDF ダウンロード版

ゴルフ上々通信PDF 申込みボタン

ゴルフ上々通信PDF 説明





ゴルフ上々通信PDF 印刷版

※印刷版は、印刷用に再編集をしていますので、
ダウンロード版とは、ページ数が異なります。ご了承ください!


ゴルフ上々通信PDF印刷版 申込みボタン

ゴルフ上々通信PDF印刷版写真

ゴルフ上々通信PDF 説明






特商法表示 プライバシーポリシー お問い合せ

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM